7月, 2010 のアーカイブ

コーチへの質問: どうやったら走るスピードを改善できますか?

サッカー選手として多くの選択肢を持つことは大事なこと。遠慮をせずにプロコーチ達に質問しよう。
Q: 相手がスペースに走って行くときに追いつけるようになりたい。どうやったら走るスピードを改善できますか?
これには2つの要素があるね。まずは、リアクションと素早いファーストステップ、そしてゲームを読む。
サッカーでは100メートル走のオリンピック選手である必要は無いんだ(でも、走るのが速いのはいいことだ)。サッカープレーヤーとしては5-10m感覚の瞬間的なスピードが最も必要とされている。これは自分ひとりでも練習して習得することができる。プロのクラブでもスピードトレーニングは一週間に一度か二度行われる。新鮮な状態で臨めるようスピードトレーニングは練習の最初に入れるといいだろう。どのスピードトレーニングも密度の高さは上達するためには不可欠でありもっとも重要とされている。質の高いトレーニングにするには回数を少なめにして、リカバリータイムを長めにするとよい。たとえば、私たちのElite Trainingでは4-7ランを3~4セット、それに45秒~3分間のリカバリーを間に入れている。
ダイナミック・ウォームアップやドリブルもいいだろう、血液の流れもよくなって方向転換などの動きの練習になる。
練習のテクニックは何種類もあるからwww.nikefootball.comで私たちのスピードメニューを見れば、短いシャープな動き、ボールありとなし、ファーストステップ、方向転換、など色々と試合で実践できるものがある。
それから、スタートするポジションも変えて練習することができるし、体力をつけることも重要だ。座ったポジションからのスタート、仰向けになった状態からのスタート、もしくは2~3回ジャンプしてからのスタート。これらはすべてプロのクラブがバランス感覚と体力をつけるためにも使っている練習メニューなんだ。
トップレベルに到達するには何人かのプレーヤーと一緒に練習するのがいいだろう。一人は「ゴー!」などの指示を与え、瞬発力を磨く。自分を人と比べることは推奨しないが順番に練習している別のプレーヤーがいると自分のリカバリータイムに相手が何か他に役立つことをしているかなど観察することができる。
先ほど言ったように、Nikefootball.comにたくさんのメニューを記載しているのでテクニックの内容はここまで。
相手がスペースに走って行くときに追いつけるようになりたい。どうやったら走るスピードを改善できますか?(オリジナルの質問)
前回に続いて、スピードを改善するには第二に「ゲームを読む」事が不可欠だ。あるコーチが私に「優れたディフェンダーはタックルする必要がない」と言ったことがある。私は「えっ!!」とすごく驚いたのを覚えている。もちろんタックルは必要。でも、そのコーチが言いたかったのは、ゲームを読むことができれば相手のパスを途中で阻止したり、奪ったりできるということだ。もちろんそれは可能。私がよく知っているのはマンチェスター・ユナイテッドのRioとVidicの二人だ。とくに若かったころのRioはこのスキルに特に優れていた。
これは、どこに自分の体をポジショニングするかで決まってくる。ボールを見ているだけではなく、相手が君を振り切ろうとするときは自分を相手プレーヤーとボール両方が見えるようにポジションを変える。もし難しければ両方を交互に見るしかない。
ほとんどの若手プレーヤーはこのポジショニングを実践していないため、ボールや相手に反応するときはもうすでに遅いという状況に陥ってしまうことが多々ある。先に行動しよう。相手プレーヤーの集中力とバランスの邪魔をしよう。軽く押してみたり、パスが回ってこないうちでも相手プレーヤーの一歩前に出たりしてみたらどうなるだろう。プロなどのハイレベルプレーではこんなことは日常茶飯事、怖がることはない。ディフェンスのみんな主導権を握れ!相手ストライカーに権限を与えるな!
役に立ったかな。グッドラック!
リー・マンソン


コーチへの質問: どうやったら走るスピードを改善できますか?

サッカー選手として多くの選択肢を持つことは大事なこと。遠慮をせずにプロコーチ達に質問しよう。
Q: 相手がスペースに走って行くときに追いつけるようになりたい。どうやったら走るスピードを改善できますか?
これには2つの要素があるね。まずは、リアクションと素早いファーストステップ、そしてゲームを読む。
サッカーでは100メートル走のオリンピック選手である必要は無いんだ(でも、走るのが速いのはいいことだ)。サッカープレーヤーとしては5-10m感覚の瞬間的なスピードが最も必要とされている。これは自分ひとりでも練習して習得することができる。プロのクラブでもスピードトレーニングは一週間に一度か二度行われる。新鮮な状態で臨めるようスピードトレーニングは練習の最初に入れるといいだろう。どのスピードトレーニングも密度の高さは上達するためには不可欠でありもっとも重要とされている。質の高いトレーニングにするには回数を少なめにして、リカバリータイムを長めにするとよい。たとえば、私たちのElite Trainingでは4-7ランを3~4セット、それに45秒~3分間のリカバリーを間に入れている。
ダイナミック・ウォームアップやドリブルもいいだろう、血液の流れもよくなって方向転換などの動きの練習になる。
練習のテクニックは何種類もあるからwww.nikefootball.comで私たちのスピードメニューを見れば、短いシャープな動き、ボールありとなし、ファーストステップ、方向転換、など色々と試合で実践できるものがある。
それから、スタートするポジションも変えて練習することができるし、体力をつけることも重要だ。座ったポジションからのスタート、仰向けになった状態からのスタート、もしくは2~3回ジャンプしてからのスタート。これらはすべてプロのクラブがバランス感覚と体力をつけるためにも使っている練習メニューなんだ。
トップレベルに到達するには何人かのプレーヤーと一緒に練習するのがいいだろう。一人は「ゴー!」などの指示を与え、瞬発力を磨く。自分を人と比べることは推奨しないが順番に練習している別のプレーヤーがいると自分のリカバリータイムに相手が何か他に役立つことをしているかなど観察することができる。
先ほど言ったように、Nikefootball.comにたくさんのメニューを記載しているのでテクニックの内容はここまで。
相手がスペースに走って行くときに追いつけるようになりたい。どうやったら走るスピードを改善できますか?(オリジナルの質問)
前回に続いて、スピードを改善するには第二に「ゲームを読む」事が不可欠だ。あるコーチが私に「優れたディフェンダーはタックルする必要がない」と言ったことがある。私は「えっ!!」とすごく驚いたのを覚えている。もちろんタックルは必要。でも、そのコーチが言いたかったのは、ゲームを読むことができれば相手のパスを途中で阻止したり、奪ったりできるということだ。もちろんそれは可能。私がよく知っているのはマンチェスター・ユナイテッドのRioとVidicの二人だ。とくに若かったころのRioはこのスキルに特に優れていた。
これは、どこに自分の体をポジショニングするかで決まってくる。ボールを見ているだけではなく、相手が君を振り切ろうとするときは自分を相手プレーヤーとボール両方が見えるようにポジションを変える。もし難しければ両方を交互に見るしかない。
ほとんどの若手プレーヤーはこのポジショニングを実践していないため、ボールや相手に反応するときはもうすでに遅いという状況に陥ってしまうことが多々ある。先に行動しよう。相手プレーヤーの集中力とバランスの邪魔をしよう。軽く押してみたり、パスが回ってこないうちでも相手プレーヤーの一歩前に出たりしてみたらどうなるだろう。プロなどのハイレベルプレーではこんなことは日常茶飯事、怖がることはない。ディフェンスのみんな主導権を握れ!相手ストライカーに権限を与えるな!
役に立ったかな。グッドラック!
リー・マンソン


検索