12月, 2012 のアーカイブ

ヘッドコーチ/アシスタントコーチを募集中!

トータルフットボールでは、女子サッカー向けプログラムのヘッドコーチとアシスタントコーチを募集しています!
<募集概要>
■形態
正社員 (勤務開始日相談可) 
■業務内容
・トータルフットボール新規プログラムのヘッドコーチとして女子サッカー選手(主に中・高・大学生)を対象に2時間の訪問トレーニング・イベントを実施。
水分・栄養補給についてのプレゼンテーション・アドバイスも行います。(必要知識のトレーニングあり)
・訪問トレーニングがない日はオフィスにての業務。(チームのリクルート、イベント企画、事務作業など)必要に応じてトータルフットボール主催のイベント等に参加。
■応募資格
・クラブチームでの選手歴(なでしこリーグ所属チームでの経験者大歓迎!!)
・女子チームの指導経験者・これから指導者として活躍したい方(指導者ライセンス保持者 優遇)
・パソコン入力など簡単なオフィス業務のできる方
・コミュニケーション能力
・週末+夕方等フレックスに勤務できる方
・普通自動車免許書保持者
・英会話ができれば尚良
■勤務日数
原則 毎月20日(曜日不確定、週5日)
■勤務地
関東一円の中・高、大学、クラブチーム、オフィス
(東京都中央区日本橋小伝馬町)
■月給
経験により(交通費全額支給)


質問:「指導者を育てるにあたって、その指導者に一番伝えなければいけないこと」とはなんでしょうか?

こんにちは。
普段はU12の指導をされているということで、今度、指導者講習会をされる時にこの回答が役に立てばと思います。
私はU12からプロまで広い年代をこれまで教え、ヨーロッパ各国のクラブや団体(マンチェスター・ユナイテッドFC、FCバルセロナ、セルティックFC、オランダサッカー協会等)と一緒に仕事をしてきましたが、U12の指導に対して言えるのは以下のことです。

U12年代の指導者に伝えるのに重要なのはテクニックと情熱です。
まずサッカーに熱中してもらうのが大事です。
この年代のプレイヤーはボールを使って練習をこなしていくべきですが、指導者はセッションをエネルギー値の高く活気のあるものにする必要があります。プレイヤーにはセッションを楽しんでもらわなければなりません。

繰り返しになりますが、サッカーを熱中して楽しむこととボールテクニックが不可欠だと言えるでしょう。
指導者講習会での活躍を願っています!
Leigh Manson
Head Coach


CSR: ラオスでの活動

トータルフットボールでは「サッカーは世界をより良くする」という信条のもと、CSR活動(企業の社会的責任)をおこなっています。私たちはCSR活動の一環として、これまでにラオス、スリランカ、モザンビーク、モンゴル、ザンビア等の各国にサッカー用品を寄付してきました。
今回は「学生団体夢人」というラオスに小学校を設立するという志高い学生が集まった団体のスタディーツアーをボール提供という形でサポートさせていただきました。学生団体夢人の安藤氏よりいただいたツアー報告は以下の通りです。
「今回のスタディーツアーでは、自分たちの支援先であるナーサイ村と、町の小・中学校各一校を訪問し、それぞれでトータルフットボール様から頂いたサッカーボールを寄贈するとともに、現地の子供たちとの交流を持ってきました。ナーサイ村は、ラオスのシェンクワン県、パーサイ郡に属し、町から舗装されていない山道を車で二時間弱進んだ場所に位置している村です。
支援先の現状視察と、今後の自分たちの活動の展望を開くための学びを得ることを目的とし、メンバー13名が参加しました。

交流では女の子たちに手作りのリボンをつけてあげたり、絵を書いて遊んだり、サッカーボールで遊んだりしました。校庭の地面の環境が整っていないこと、ゴールがないこと、小学生の体が小さいことなどから、サッカーのゲームを行うのではなく、皆でパスを回したり、子供たちとメンバーのボールの取り合いといった遊び方をしました。

中学校では、学校のチームにユニフォームを着てもらい、メンバーで人数を合わせて25分ハーフで試合を行いました。全校生徒がギャラリーとして見守る中、7-4というスコアで大敗してしまいました。点が決まるごとに周囲の生徒たちからは大きな歓声が沸きあがり、言語は違えど、グラウンドの全員が一体感を持って試合を楽しむことができました。細い竹が二本立っているのがゴールです。

実際にはこのように町の小学校でも設備は満足に整っておらず、サッカーのユニフォームやスパイクを持っている子供も一握りであることがうかがえました。遊びを通して現地の子供たちと仲良くなりサッカーに夢中になる様子を見ている中で、サッカーやその他遊びの需要がある一方でその道具や環境が整っていない現状を変える必要性を感じました。」

トータルフットボールでは今後もCSR活動を推進していきます。


山下コーチのGKトレーニングキャンプ

先週のJFA GKコーチリフレッシュ研修会に続き
今週は関西GKキャンプの見学・レクチャー受講に行ってきました。
関西GKキャンプとは関西地区の中高生年代の将来有望なGKが集まってトレーニングするキャンプです。

リフレッシュ研修ではU-16日本代表GKコーチの大橋氏、なでしこジャパンGKコーチ前田氏、関西GKキャンプではナショナルトレセンコーチの慶越氏、貴志氏など経験豊富なGKコーチにレクチャーして頂きました。
ありがとうございました。

この経験を現場で出していきたいと思います!
Hiroo Yamashita


検索