ラオススタディーツアー報告書

01
中学生運動会集合写真

今回のスタディーツアーでは地域の小・中学生を一か所に集め、中規模の合同運動会を行いました。情操教育の面に目を向け、運動会という文化を持たないラオスの子供たちに運動会の楽しさを知ってもらい、男女の隔たり無く団結して勝利に向かう中で協調性などを学んでもらうことを目的とし、「勝利」のスローガンのもと行いました。また運動会という教育の方法をラオスに根付かせることをもう一つの目的とし、教育庁の方や先生方、地域の方々を招き、今回の活動の見学をしていただきました。カンカイ小学校の小学生120人での運動会と、ラッカイ中学校・ラッセン中学校・シェムア中学校の三校の中学生計120人での運動会を別々に行い、それぞれたくさんのギャラリーに見守られる中、大成功を収めることが出来ました。

08
白熱した騎馬戦

07
女子綱引き

06
優勝チームのおたけび

05
中学生の運動会での総合得点の順位ごとに、今回トータルフットボール様にご後援いただいたサッカーボールを景品として配らせていただきました。サッカーボールのプレゼントはいつも子供たちに大変喜んでもらえます。本当にありがとうございます。また、運動会とは別で訪問した中学校の生徒たちとも、いただいたボールでサッカーをさせていただきました。サッカーはラオスでも人気の非常に高いスポーツであり、器具や設備の需要があることを改めて感じました。

04
小学校参加生徒と夢人メンバーでのラオス体操

03
綱引きの試合が終わるたびに、笑顔でハイタッチを行いました。

02
運動会準備日にバトンパスの練習も行いました。

09

運動会終了後は交流の時間を設け、参加不参加、チームに関係なく多くの子供たちと遊ぶことが出来ました。カンカイ小学校は前回のスタディーツアーでトータルフットボール様からいただいたボールを寄贈した学校であり、私たちのことを覚えていてくれたので、すぐに仲良くなる事ができました。

今回のスタディーツアーでも、たくさんの子供たちの笑顔に触れることができました。本気で競技に臨み、本気で悔しがり、勝ったチームも負けたチームも一つになって盛り上がる様子を見て、メンバー一同胸が熱くなる思いでした。サッカーボールの寄贈も喜んでもらうことができ、子供たちとの距離を縮めるきっかけにすることができました。ご後援にまことに感謝申し上げます。
また今後も、今回の渡航の中での現地調査でしることのできた教育の問題に対して、夢人なりの協力の方法を考え、行っていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。


検索