マンチェスター・ユナイテッドFC コーチングセッション

こんにちは。
先日は大荒れの天気となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

マンチェスター・ユナイテッドFCアカデミーから来ていただいたニールコーチもマンチェスターへ無事に戻りました。

20130330_ManUtd_Neil-Ryan_CoachingSession2741

さて、今回は関東(神奈川)、関西(大阪)で各1回、指導者講習会を開催いたしました。

講習会の内容としては
BOXトレーニング
ポゼッション トレーニング
シュート トレーニング

を行いました。
どのトレーニングで違ったものは”こだわり”です。
まずマンチェスターでは、パスを重視してサッカーをしています。

BOXでは4対1のトレーニング。
ここでは、1.パスの質2.ハードワーク3.ベストアングルがメインで取り上げられていました。
1.パスの質の面では、浮かさない、スピンをかけないなどを指導。
2.ハードワークの面では、4対1のDFに対して、強く求められました。
3.ベストアングルは、パスをした後のサポートの動きでベストのポジションを取ることでした。

次に行ったポゼッショントレーニングは、いろいろな現象がおこりました。

ルールは、横または後ろにパスをした後、前にダッシュすること。
このルールにより、前へのサポートが増え、スペースが次々とできたり、消えたりしていました。サッカーの”スピード”が現れていました。
主な指導ポイントとしては、1.ハードワーク、2.パスの質、3.スペースを見ることが求められました。
1. ハードワークは、パスをした後のダッシュのところが求められました。
簡単にジョグではなく、必ずダッシュをするということ。
2. パスの質は、ロングを蹴らず、底からつなぎ、流れるようなサッカーをしようということでした。
3. スペースを見るは、パスをして動き出したことでできたスペースに、他の選手が入ること。
でした。
他にも縦のパス→斜めのランのサポート、斜めのパス→縦のパスという言葉もありました。

最後のシュートでは、クロスからのシュートを行いました。
そこでは、香川のハットトリックのシーンを取り上げ、シュートのときのボールと足のコンタクトについて指導をしていました。
20130330_ManUtd_Neil-Ryan_CoachingSession2776

彼がどのセッション、どの質問に対しても言っていたことは、
「練習を繰り返すこと」です。
うまくなるために大事なことだと思います。どこにも近道はありませんね。

今回参加していただいた皆様、ありがとうございました。
今回のセッションで1つでも多くのものを実際のトレーニングで活用していただければと思ってます。

次回もお楽しみに!!

20130330_ManUtd_Neil-Ryan_CoachingSession3319


トラックバック/ピングバック

  1. マンチェスター・ユナイテッドFC コーチングセッション開催概要 « TOTAL FOOTBALL | トータルフットボール

検索