デイヴィッド・コーチ ご紹介

これまでポカリスエット・スポーツ・クリニックのシニアコーチとしてプログラムを牽引し、今後、在日米軍基地のプログラムを代表するコーチとして活躍するデイヴィッド・シェイファー コーチ。彼の経歴は日本では、まだあまり知られていないですが、アメリカのサッカー界では実はちょっとした有名人だったりします!

そんなデイヴィッド・コーチの華麗なる経歴を今回はご紹介したいと思います。

オランダ、ドイツやアメリカでプロの選手として活躍していました。コーチとなってからは、カリフォルニア州ソノマ群のサッカー責任者としての地位に就き、北カリフォルニアで最大のクラブ、サンタローザ・ユナイテッド(Santa Rosa United)のテクニカル・ディレクター及び U15監督として活躍しました。デイヴィッド・コーチが率いたチームはNCS(ナショナル・チャンピオンシップ・シリーズ)という全米の大会で優勝し、その後、2003年〜2007年は全米でナンバーワンのチームと称されました。

アメリカのあるローカル雑誌ではソノマ群のソル・プロフェッショナル・チームのコーチとしてデイヴィッド・コーチが取り上げられるほどでした。そのチームも2005年と2006年にアメリカのナショナル・プレミアサッカーリーグ3部で2度の優勝を遂げました。

IMG_0960

こういった功績から、デイヴィッド・コーチは全カリフォルニアのコーチ・オブ・ザ・イアー(ベストコーチ)に過去2回、選ばれました。

アメリカでのコーチとチームの知名度はコーン・フロスティのパッケージを見れば、わかりますよね!笑

photo

デイヴィッド・コーチがトータルフットボールに参加した、という話はアメリカと日本の外資系サッカー関連企業では、ちょっとしたスクープだったのです!

見た目や人当たりはとってもお茶目なデイヴィッド・コーチの意外な(?)素晴らしい経歴のご紹介でした!
街で見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。きっといつものスマイルで返してくれるはず♪


検索